読んだあなたを三原市の街ツウにするWEBマガジン。

グルメ

【開店】三原のたこ焼き好き歓喜の新店が本町にオープンしています|たこくん(三原市本町)

待望のたこ焼き店がオープン

『タコのまち』をうたいながらも、その割にはたこ焼き屋さんが少ない三原。そんな状況を打破してくれる新店『たこくん』が2023年10月下旬に誕生した。
祖母が大阪市内でたこ焼き店を営業していたこと。そして、自身も関東のたこ焼き店で勤務経験を持つ店主(本業は大工さん)が本町2丁目に開店し、主に週末に営業している。

外カリ・中トロの大玉

たこくんの特徴は、仕上げに油を多めに注ぎ、外側をカリっとさせる東京風。皮を作って生地を閉じ込め、中で蒸されて、トロトロ生地とカリっと皮のコントラストが生まれる。祖母がやっていた大阪のたこ焼きよりも、勤務していた関東エリアのたこ焼きの影響を受けている。
サイズは直径45mmの大玉。一口で食べようとすると、とても熱いので無理は禁物だ。

嬉しい価格帯

たこ焼きは6個入り450円~。このご時世に嬉しい価格。店主には『たこくん』が地元の人との交流の場でもありたいとの思いがあり、訪れてもらいやすいようにと、この価格帯にしているという。持ち帰りだけでなく、イートインも可能。初めての方には場所が少しわかりづらいので、下記に掲載した『道順』の確認を!

メニュー

・ソースマヨ450円
・塩マヨ450円
・ネギソースマヨ550円
※三原のタコ使ったたこ焼きは+別料金(時価)
※マヨネーズなしは-20円

塩マヨはあまりないメニュー。「ソースをかけないたこ焼きなんて…」と思いながらも、口に入れると…美味しい!
そもそもソースを塗らないという根本的なところを変えた発想がすごい。
まさかここ三原市本町で新たな発見があるとは!ぜひ食べてみて。

大きめにカットされたたこ、ネギ、天かす、紅ショウガが入る

仕上げに油を多めに注ぎ、カリッと揚げ焼きにするのが関東のスタイル

ソースはオタフクのタコ焼き用ソースを使用

ソースをかけない『塩マヨ』は、さっぱりして女性に人気

ネギたっぷりのネギソースマヨ

ネギソースマヨは、ソース→マヨ→ネギ→マヨ→かつお節の5層構造

店主の四方諒さん。本業は大工で、地域おこし協力隊員としても活躍中。

たこくんへの道順

三原城跡前の本町と館町の境目

マンションの前の道に入る

喫茶・軽食『桂』さんの前を右折

右の太い道へ入っていく

そのまままっすぐ行くと…

駐車場について

この赤いのぼり旗が目印

のぼり旗のところを左に曲がった細い坂を少し登ると…(この坂は車はやめた方がいいです。地元の方の車が出入りされています)

たこくん到着

店舗情報

住所三原市本町2-10-2
電話070-9113-0311
営業時間10:00~16:00
駐車場2台あり 場所は上記を確認
Instagram@takokun.mihara
備考営業カレンダーはInstagramで確認

コメント

この記事へのコメントはありません。




RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RELATED

関連記事

PAGE TOP