読んだあなたを三原の街ツウにするWEBマガジン。

グルメ

三原唐揚げコレクション~2022年春~ キャラ濃いめの唐揚げ集めてみました。

唐揚げって、どれも同じように見えるけど、それぞれしっかり見てみると、やっぱり見た目も味も特徴がある。MJ編集部が三原でテイクアウトもできる、ちょっと個性的な唐揚げ10点を集めてみました。
今夜のおかずに、ビールのお供に、明日のお弁当の一品に。ほら、食べたくなったでしょう?

※写真は全てテイクアウトのパックから、皿に盛り直して撮影しております。
※価格はテイクアウト価格です。店内飲食の場合は違う場合があります。
※掲載順は、あいうえお順です。


お食事処 江戸

一番だしのうま味溢れる大ボリューム絶品唐揚げ

三原高校のすぐ近くにある『お食事処 江戸』の唐揚げは、注文を受けて揚げ始めるので、アツアツのサクサクが提供される。かつおと昆布の一番だしに漬け込まれており、ニンニクもしっかり効いている。そしてこのボリューム。「これ、ちゃんと儲かっているんですか?」と聞くと、「儲けはない!」と潔い店主。ちなみに唐揚げ弁当350円と格安。このほか、様々な定食類、お弁当や一品メニューもオススメだ。

5個入り350円 10個入り700円

山盛り!こちらは2人前です。
三原高校のすぐ近く。数年前に建て替えされました。

住所三原市宮沖4-8-14
電話0848-63-0791
営業時間10:30~14:00 16:00~21:00
定休日金曜午後休、ほか不定休あり
備考駐車場あり

おはぎのこだま

約40年間変わらず、親しまれ続けている味

『おふくろの味のおはぎ・お惣菜』をモットーに作られた様々なメニューの中でも、多くのファンに支持され続けているのが、名物の大きなから揚げ。甘辛い自家製のタレに漬け込まれた味は約40年間変わらない。おやつにもご飯のおかずにもいける三原のソウルフードとも言える唐揚げだ。

1個160円

おなじみの味。写真は3個です。
マリンロード内です。
住所三原市城町1-6-1
電話0848-63-4275
営業時間7:00~18:00
定休日月曜(月祝日の場合は火休)

から揚げ専門店 から丸三原店

二段仕込醤油に1日漬け込んだ醤油から揚げ

千葉県で150年以上続く醤油屋さんの最高級醤油「再仕込み醤油」を使用し、1日寝かして鶏肉を漬け込む事で香り高い「ザクッ!」とした食感に仕上がっている。もちろん揚げたて。メニューは名物の醤油から揚げの他に、ウマ塩から揚げ、手羽先など。期間限定で登場するバラエティー豊かなから揚げも楽しみの一つ。

醤油から揚げ 2貫280円 

写真は期間限定の「のり塩」「梅塩」と定番「醤油」
三原港の目の前。
住所三原市城町1-4-11
電話0848-38-7107
営業時間11:00~21:00
定休日なし
ホームページhttps://nbf-nip.com/business/karamaru/
備考駐車場あり

キッチンルマーダ

三原の素材をふんだんに使った唐揚げ

三原のブランド鶏である神明鶏を、本郷の実広醤油、醉心の酒を使用した和風ダレに漬け込み、大和の米粉でカラッと揚げている。シンプルながらも「三原要素」がギュッと詰まった塩唐揚げだ。鶏むねクリスピータイプの『神明鶏とりからぼっけ』もオススメ。

神明鶏からあげ 420円

道の駅みはら神明の里のレストラン『キッチンルマーダ』で販売しています。
住所三原市糸崎4-21-1(道の駅みはら神明の里1F)
電話0848-63-8585
営業時間9:00~18:00
定休日第3火曜
ホームページhttps://www.shinmeinosato.jp/eat.html
備考駐車場あり

上海軒

最後は酢醤油でキメる!ボリューミーでおなじみ上海軒の唐揚げ

お店の目の前にある、鳥徳さんから仕入れた鶏肉を大ぶりにカットし、下味は塩コショウ、ニンニク、そして数種類の醤油を使って漬け込んでいる。カラっと揚がった唐揚げはそのままでも美味しいが、添付されているオリジナルブレンドの酢醤油をつければ、さらに◎。野菜が付いているのも嬉しい。ちなみに酢醤油のボトル販売(1本432円)もあり。

鶏の唐揚げ(8個) 1,112円(パック代込)

ミニ酢醤油と野菜付き
後ろにあるのは別売りで買える、酢醤油のボトル(1本432円)
他にもボリュームいっぱいなメニューが揃います。
住所三原市港町1-5-2
電話0848-63-4592
営業時間11:00~20:30
定休日月曜
備考駐車場あり

瀬戸内 delish BENTO

レモン塩ダレが効いた爽やか唐揚げ

道の駅みはら神明の里の売店のお弁当コーナーで販売されているこの逸品。ニンニクやだししょうゆなどの下味がついたチキンフリッターに、佐木島のレモンと黒コショウを効かせた塩ダレをON。冷たいレモンサワーなんかとあわせたくなる、中毒性の高い味だ。他にも麻辣味や弁当類も好評。お昼前に行くと比較的購入しやすい。

チキンフリッター(塩レモン) 1パック480円

佐木島レモン使用
道の駅みはら神明の里の売店の弁当売り場で販売しています。
住所三原市糸崎4-21-1(道の駅みはら神明の里売店内)
電話080-5753-2600
販売時間9:00~18:00(搬入時間は日によって異なる・売り切れ次第終了)
定休日水曜・第3火曜・不定期で1・5火曜
ホームページhttps://www.shinmeinosato.jp/

釜めし 天吉

ぜひ揚げたてを食べて欲しい!釜めし店秘伝の唐揚げ

本郷にある老舗の釜めし店『天吉』の隠れ名品がこの唐揚げ。手のひらサイズの大きなものが5つ入り。味はもちろん、食べごたえも重視してのこの大きさ。下味に生の柑橘類を絞って入れているそうだが…今の店主が試行錯誤の末に作り上げた秘伝の製法のため、それ以上は極秘。クリスピーさを超えたザッグザグの衣は誰もがやみつきに。品のある釜めし店とのギャップを感じるほどワイルドな唐揚げだ。

とり唐揚げ 1,000円

釜めしもぜひ食べたい。
住所三原市南方3-4-12
電話0848-86-2477
営業時間電話受付 10:00~
テイクアウト 11:00~18:30 店内飲食11:00~20:00
定休日月曜・火曜
備考駐車場あり

鶏肉惣菜 とくや

鶏肉惣菜専門店自慢の超こだわり唐揚げ

とくや自慢の唐揚げは、神明鶏の風味を活かした味付けをしており、使用する調味料や香辛料のブレンドに1年半近くかけたこだわりの一品。おかずにもおつまみにもオススメ。唐揚げではないが、もう一つオススメしたいのが、ふんわり鶏天。ヘルシーな神明鶏のササミが、独自の製法で冷めてもしっとり・ふんわりと柔らかい食感に。しっかりと下味をつけているのでそのままでもおいしい。毎週金曜と土曜のみの営業となっているのでお忘れなく!!

とくやの唐揚げ(1パック)450円
ふんわり鶏天(3本入り)420円

こだわり方が違う!
営業は金曜日と土曜日のみ!!
住所三原市皆実1-24-7(鳥徳加工部場内)
営業日金曜・土曜
電話0848-29-6055
営業時間10:00~17:00(売り切れ次第終了)
Instagramhttps://www.instagram.com/tokuya_mihara/
備考駐車場3台

鶏肉専門店 鳥徳

豪快にかぶりつきたい!全長約20センチの骨付き唐揚げ

神明鶏の骨付モモを丸ごと1本使った、全長約20センチの骨付き唐揚げ。丁寧に下処理し、一晩じっくり味付けした後にざっくりと揚げているので、冷めても衣のザクザク食感がキープされている。鳥徳の唐揚げの中で最近特に人気上昇中の一品だ。この他、モモ上唐揚げや手羽先唐揚げなどもオススメ。

骨付き足唐揚げ(1本) 520円

住所三原市港町1-4-15
電話0848-62-4272
営業時間8:30~17:30
定休日日曜
ホームページhttps://toritoku.co.jp/

Nenji takeout and café(火吞みの鶏ねんじ)

片栗粉二度まぶしでザックザクのザンギ風唐揚げ

城町の人気居酒屋『火吞みの鶏ねんじ』の唐揚げは、ごま油とニンニクなどで下味を付ける時に片栗粉をまぶす。そして揚げる前にもう一度片栗粉をまぶす。そうすることでザックザクの食感を実現。冷めてもしばらくはその食感が保たれており、ベチャベチャしないのが◎。居酒屋だが、テイクアウト専門窓口があるのでお昼もテイクアウトOKなのが嬉しい。

鶏の唐揚げ1個100円(注文は2個から)

住所三原市城町1-4-1 イクステンビル1F
電話0848-62-3790
営業時間11:30~L.O.13:30 17:30~L.O.21:30
定休日土・日・祝 不定休あり
Instagramhttps://www.instagram.com/nenjitakeoutandcafe/

コメント

この記事へのコメントはありません。




RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RELATED

関連記事

PAGE TOP