読んだあなたを三原の街ツウにするWEBマガジン。

カフェ

むすび 古民家カフェ&宿(広島県三原市)|築100年の旧料亭を利用した人気カフェ

※MJ第123号(2019年6月28日号)の記事を、一部改編し再掲載しています。

むすび御膳(メイン・小鉢3品・刺身・味噌汁・ご飯)1,380円

お魚御膳 1,380円

開店直後から話題の古民家カフェ

 令和元年5月1日開店。開店以来、三原で最もテレビ・ラジオ・情報紙など各メディアに登場しているお店であろう。もとは大阪で飲食店を経営していたオーナーの田中裕士・咲子夫妻。いつかどこかで古民家カフェを営みたいという夢を持っていたが、三原市の空き家バンクからなどの紹介で、須波から瀬戸内海を望む築約100年の喜楽園別邸を見学。夫妻は三原のことをよく知らなかったそうだが、海・庭・天井・床・茶室…その魅力にひと目惚れし、ここ三原で念願の古民家カフェを開くことを即決した。開店約1年前に三原に引越し、オープンの何ヶ月も前からインスタグラムで、美味しそうな試作料理写真を投稿し続けるという話題作りも功を奏した。ちなみに裕士さんは有名な映画にも出演されていた俳優・映画プロデューサーでもある。

料理・デザートは咲子さんが腕をふるう

 咲子さんは有名カフェなど飲食業で勤務し、ウェディングプランナーの経歴も持つ。ランチタイムの『日替わりむすび御膳』は出来るだけ地元の食材を使い、野菜も多く健康的なメニューで毎日食べても飽きない。またこれに咲子さん手作りのバスクチーズケーキなどのデザートをセットにするお客様も多数。さらに、東京より取り寄せた、むすびオリジナルブレンドのコーヒーも一緒に楽しみたい。

三原のいいところを発信していきたい

 裕士さん「三原の方には当たり前で特に思わないのかもしれませんが、大阪から来てみて、須波の海は本当に綺麗だし、筆影山からの眺望もいい。仏通寺の紅葉も今まで見た紅葉の中で一番美しいと感じた。他にも三原には宝物がもっと埋まっていると思う。そんな三原の魅力を国内外に伝えていきたいと思っています」

通販で、むすびの人気スイーツが買える!

百貨店の物産展などでも出品されるようになった「むすびのスイーツ」
通信販売でも購入できます。詳しくは下記の店舗情報から『むすびスイーツ』のホームページへ!

バスクチーズケーキ

店舗情報

古民家カフェ&宿むすび

住所三原市須波1-2-19
電話0848-88-9155
営業時間
ランチ&カフェ 11:00~16:00 L.O.15:00
ディナー 18:00~21:00(予約制)
定休日毎週月曜・火曜
ホームページhttps://musubi0501.com/
Instagramhttps://www.instagram.com/musubi_mihara/
備考宿泊 1日1組
駐車場 6台 
県道185号線沿い。宗郷・和田から竹原方面へ走り、
須波駅手前の須波コミュニティセンター隣。駐車場は手前の道路入ってすぐ右側。

Musubi Sweets(むすびスイーツ)

HPhttps://musubi-sweets.com/
Instagramhttps://www.instagram.com/musubi_cake/

コメント

この記事へのコメントはありません。




RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RELATED

関連記事

PAGE TOP