読んだあなたを三原の街ツウにするWEBマガジン。

コラム

三原テレビ放送 宮野泰杜の放送以外も話したい!【2022年7月】

梅雨はあっという間に通り過ぎた…

 どうもどうも、先日スーパーでのお会計が税込2000円ピッタリで今世紀イチ感動しました、三原テレビ放送・宮野泰杜(みやのたいと)です。
 晴耕雨読。梅雨が到来し、雨の日は家でゆったり読書でもしようと意気込んでいましたが…雨ほとんど降ってないじゃん!しかも梅雨がもう明けてしまったじゃないですか。おかげさまで一冊も読めておりません。そんな時、いい情報が入ってきましたよ!最近流行りの『聴く読書・オーディオブック』!これなら場所も選ばないし、一生懸命活字を追わなくてもいいからお手軽じゃん!安直に購入しました。実際に聴いてみると、自分で読むより想像が広がる!小さい頃、お母さんの膝の上で聞いていた絵本の読み聞かせを思い出す!なにより、とても落ち着く声なので、リラックス効果抜群。そしてそのままおやすみなさい。

聴く読書、実は三原にも?

 皆さんは広報みはらの「声の広報」を聴いたことがあるでしょうか?
 三原市HPには、誌面データのほかに「声の広報」という項目があります。主に視覚障がいのある方へ市からの情報を届けるため、広報みはらの文章を音声に変えて読み上げているのですが…。
 これ、オーディオブックの先駆けじゃない?すごくないですか?でもどうやって音声にしてるの?AI音声?色々疑問が溢れかえってきたところで、何がどうなってるのか調査してきましたよ。
 この『声の広報』を手掛けているのは『朗読録音グループ声の友』というボランティアグループ。なんと、広報みはらの全ページ、さらには写真や図、グラフまでぜーんぶ、実際に読んで音声に変えているんです!とってもすごい!!そして、実は、今月号の声の広報に僕もちょろっと参加してるんです。どこを担当したのかは聴いてのお楽しみです♪

声の広報はこちらから

三原テレビ放送(株) 宮野泰杜

筆者プロフィール

宮野泰杜(みやの たいと)
1997年11月19日生まれの丑年・さそり座の男。
静岡県の西部、浜松市の片田舎で、幼少期を過ごす。
お茶やウナギを毎日のように飲み食べていた、、、わけがない。
正直ジュースも飲みたいし、ウナギは高い。
2020年三原テレビ放送に入社し、2022年現在で3年目。
18時からのニュース(随時再放送あり)は金曜日を担当。
また、毎月最終金曜日には、三原の魅力を伝えるため、身体を張った体験を行う『ミヤノのみはら発見伝』をニュースの中で放送中!
巷では「三原の羽生結弦」と呼ばれているとかいないとか…。

コメント

この記事へのコメントはありません。




RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RELATED

関連記事

PAGE TOP