読んだあなたを三原の街ツウにするWEBマガジン。

三原市の開店・閉店情報

頼兼に突如現れた、無人餃子直売所に行ってみた。|餃子家 龍 ダイキ三原店

頼兼のダイキ三原店・フレスタ頼兼店の駐車場の敷地に、突如として現れた、何かのお店っぽい赤いプレハブ。近寄ってみると『冷凍もち豚 生餃子』の文字が!
こちら、2021年11月27日オープンの『無人餃子直売所餃子家 龍 ダイキ三原店』。餃子家 龍さんと言えば、広島市内を中心に複数の餃子酒場を営業されている人気店である。MJ編集部員Aも以前、広島市の八丁堀で勤務していた時に、仕事帰りに何度も美味しい餃子と冷たいビールを頂いものだ。龍の餃子が三原に居ながらにして味わえるのは、個人的には嬉しすぎる!(龍さんの無人餃子直売所については、このコロナ禍において、非対面での販売方法がクローズアップされている。広島ローカルのテレビ番組で見たことある方も多いのではなかろうか)

どんな餃子なのか

餃子家 龍さんのホームページによると、その餃子の特徴は素材!自家製餃子皮、豚本来の甘みとジューシーさが楽しめる瀬戸のもち豚、粗めに刻んだ国産野菜のシャキシャキ食感。それらがミックスされ、美味しい餃子になっているそうだ。

餃子家 龍さんのこだわりはコチラから

無人直売所の利用方法

場所はダイキさんの横。まずは手指消毒をし、冷凍庫から欲しい数量を取り出す。餃子のメニューは『1袋40個入り1,000円』しかないので、迷うことはない!
欲しい数量だけ取り出し、合計金額を自分で計算し、料金箱へお金を投入!
ここで注意したいのが、お釣りが出ないこと。券売機ではなく、THE アナログな『料金箱』なので、一万円札しか持ってない場合、潔く10袋大人買いするか、事前に千円札に崩しておこう。
オプションでタレや保冷バッグも購入できる。ここでも事前に小銭を用意することを忘れずに!

店舗はダイキ三原店側にある。まあ、行けばすぐにわかります。
入り口は普通のお店っぽい。
大きな冷凍庫と様々なディスプレイ。
購入の流れは動画が説明してくれる。この方、どうやら社長さんらしい。
餃子には袋のタレが添付されているが、200円で別途購入も可。
保冷バッグも購入可。
1袋40個入り1,000円!餃子はシンプルにこれだけ!
この箱へお金を投入!間違いないよう注意!

袋の中は

袋の中には、餃子20個入りが2パック、タレと保冷剤が2つずつ。
ちゃんと焼き方の説明書も付いている。ガスコンロとIHコンロで、それぞれ説明してくれているのがありがたい。
この説明の通りに焼くことができれば、この餃子の美味しさを最大限に引き出して食べられるはずだ。

店舗情報

住所三原市頼兼1丁目1-38 ダイキ三原店駐車場敷地内
営業時間9:00~20:00
定休日なし
ホームページhttps://www.gyozayaryu.jp/

コメント

この記事へのコメントはありません。




RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RELATED

関連記事

PAGE TOP