読んだあなたを三原の街ツウにするWEBマガジン。

グルメ

道の駅みはら神明の里(広島県三原市)|プディングをお題にした第七回レシピコンテストの最優秀賞作品決定!

道の駅みはら神明の里主催で定期的に開催されている、三原市の食材を使ったレシピコンテスト。
第7回となった今回のテーマは「プディング(プリン)」でした。
デザートプリンとデリカプリンの2部門で募集され、応募総数185点の中から、書類選考、最終選考を経て、最終優秀賞2作品が決定しました。この2作品は『広島みはらプリン』にも認定され、道の駅みはら神明の里内レストラン「キッチンルマーダ」で2022年5月末までの予定で販売。毎日先着10個限定です。

広島みはらプリンとは

三原市、三原商工会議所、地域連携DMO空・道・港、飲食業生活衛生同業組合三原支部などの団体が集まって発足した、『広島みはらプリン実行委員会』が、親しみやすい「プリン」を活用し、三原の食材をもっと全国に認知してもらうためにスタートさせた、町おこしプロジェクト。三原の食材を使用した、一般的なスイーツ系の「デザートプリン」、茶碗蒸しなどおかずになる「デリカプリン」の2ジャンルで展開。2022年3月1日時点で19店舗27品が認定されている。

広島みはらプリンホームページ

デザートプリンの部 最優秀賞

元気の源プリン(考案者:総合技術高等学校 森本竣亮さん)
テイクアウト〇・店内飲食〇 280円

とろっと甘く炊かれた柚子は、ほどよく酸味も残っていて爽やか。
プリン部分は卵のみで固められしっかりめ。酔心は卵と柚子の味を邪魔せず、ふんわりと優しく香りが残ります。アルコールは飛ばしてあるのでどなたでもOK。

デリカプリンの部 最優秀賞

三原食材とクリームチーズで奏でる2層の蛸あんかけ茶碗蒸し(考案者:亀本恵祐さん)
テイクアウト×・店内飲食〇 550円
(補足:3月18日現在、あんかけ茶碗蒸しは販売休止になっています。)

見目麗しい豪華食材を使った茶碗蒸し。
コース料理の中に出てきそうな雰囲気です。
中にはすりおろしたレンコンがたっぷりで、卵とクリームチーズもまろやか。
そして「なぜ茶碗蒸しにバケット?」と思う不思議な組み合わせだが、一緒に食べてみると、スーパー納得!めちゃめちゃ合います。
プチトマトの酸味や、大本命の三原産タコなどが盛り込まれていて、様々な食感と風味が楽しめる、ちょっと洋風な茶碗蒸しです。

販売方法と日程のおさらい

ともに2022年5月末までの予定で販売。どちらも1日限定10食です。
茶碗蒸しはテイクアウト不可なので、ルマーダでアツアツを召し上がってください。
元気の源プリン テイクアウト〇・店内飲食〇 280円
三原食材とクリームチーズで奏でる2層の蛸あんかけ茶碗蒸し テイクアウト×・店内飲食〇 550円

店舗情報

道の駅みはら神明の里 キッチンルマーダ広島県三原市糸崎4-21-1
電話0848-63-8585(9:00~18:00)
ホームページhttps://www.shinmeinosato.jp/
Instagramhttps://www.instagram.com/michinoeki_mihara/

コメント

この記事へのコメントはありません。




RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

RELATED

関連記事

PAGE TOP